FC2ブログ
花火大会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

大曲

第82回全国花火競技会が行われるのが秋田県の大曲という地域です。
今年2008年は8月23日土曜日に昼花火競技が午後5時から、夜花火競技が午後6時50分から行われるようです。
開催場所は雄物川河畔、大曲橋下流だそうです。
会場へのアクセスは自動車では、秋田自動車道大曲インターより約10分です。
しかし花火競技会当日は渋滞などが予想されます。
JRでのアクセスは、大曲駅より通常徒歩25分で、会場まで一番早いアクセス方法といえそうです。

前年2007年の個人向け有料観覧席などについてですが、雄物川河畔、河川敷運動公園が会場で、面積は約28万m2だそうです。
上流の大曲橋から護岸堤防の斜面がゆるやかに整備され、観覧しやすくなっているそうです。
また安全な出入りのために、堤防階段の増設や、土手上の道路拡幅、取り付け道路の新設なども行われるそうです。

個人向け有料観覧席も用意され、値段は、5000円~19000円だったそうです。
また無料観覧席は入場時間規制があるようで、当日午前7時に入場開始であったそうです。
前日の夕方から待機場所で待機も可能だそうです。

「花火の街」とされる大曲が誇るのが、全国花火競技大会で、全国の花火師たちが目標ともしている大会であることからも、最高水準の花火を観ることができるそうです。
「大曲の花火」は花火を作った本人が打ち上げる事になっていて、技術とともに花火師としての度量も求められるそうです。

良い花火、花火芸術にこだわる方などにもぴったりの花火競技会といえそうです。
打ち上げられる花火の質や規模、大会提供花火は他の大会では観られない内容であり、毎年大勢の花火ファンが全国から集まるそうです。

大会は、第一部・昼花火の部、第二部・夜花火の部(割物花火の部、創造花火の部)で構成されているそうです。
各部の始めには、「標準審査玉」が打ち上げられ、競技ではそれを基準にして、高度・開き、音・色彩、リズム・総合美、意匠・斬新製、安全性などの5点から総合的・芸術的に審査が行われるそうです。

秋田近郊に住んでいる方はもちろん、花火大会も本格的なものにこだわる方など、時間などに余裕があれば是非秋田県まで足を運んでみるのもよいのではと思います。



花火大会 その他の地域の花火 | 2008-06-08(Sun) 23:02:00 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 花火 大会 2013~ 【花火大会情報】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。